奈良(1)/金峯山寺・興福寺

2016-04-28
かつて都として栄えてきた奈良。
奈良時代の建築や仏像が残る東大寺、興福寺、春日大社、薬師寺、唐招提寺と吉野の金峯山寺を
訪ねます。
2016CIMG2613.jpg
金峯山寺蔵王堂

2016CIMG2540.jpg
AM8:10 近鉄京都駅


2016CIMG2543.jpg
近鉄京都線特急(京都駅~橿原神宮前駅へ)


2016CIMG2548.jpg
AM9:40 橿原神宮前駅で乗り換えです


2016CIMG2554.jpg
近鉄吉野線特急・吉野行き


2016CIMG2563.jpg
近鉄吉野線特急(橿原神宮前駅~吉野駅へ)


2016CIMG2565.jpg
近鉄・吉野駅


2016CIMG2568.jpg
近鉄・吉野駅


2016CIMG2570.jpg
近鉄・吉野駅


2016CIMG2573.jpg
吉野ロープウエイ(千本口駅)


2016CIMG2578.jpg
吉野ロープウエイ


2016CIMG2582.jpg
吉野山駅まで約3分で到着


2016CIMG2583.jpg
吉野ロープウエイの切符売り場(吉野山駅)


2016CIMG2587.jpg
黒門(金峯山寺の総門)
1985年に再興されたそうです


2016CIMG2588.jpg


2016CIMG2592.jpg
銅鳥居(かねのとりい)(重要文化財)/金峯山寺
聖地への入口、俗界と聖地の境界を象徴する建造物


2016CIMG2595.jpg
仁王門(国宝)/金峯山寺
室町時代の1456年の再興だそうです
残念ながら、現在修復中でした


2016CIMG2599DSC_0411.jpg 
金剛力士像/仁王門


2016CIMG2608_2649.jpg
本堂(蔵王堂)(国宝)/金峯山寺
1592年に豊臣家の寄進で再興されたそうです(高さ34メートル、奥行、幅ともに36メートル)


2016CIMG2609.jpg
本堂(蔵王堂)/金峯山寺


金峯山寺チッケト  
拝観券/金峯山寺


2016CIMG2612.jpg
本堂(蔵王堂)/金峯山寺
特別ご開帳(4月1日~5月8日)で金剛蔵王権現像(秘仏)を拝観しました


金峰山寺蔵王権現像  
金剛蔵王権現像(秘仏)/金峯山寺
本地仏の釈迦如来(過去世)、千手観音(現在世)、弥勒菩薩(未来世)が権化されて、
過去・現在・未来の三世にわたる衆生の救済を誓願して出現されたそうです
(特別ご開帳のパンフレットより)


2016CIMG2613金峰山寺蔵王堂
蔵王権現さまの宝印/金峯山寺


2016CIMG2618DSC_0418.jpg
金峯山蔵王堂


2016CIMG2634.jpg
吉水神社/世界遺産
以前は金峯山寺の僧坊・吉水院(きっすいいん)だったのが、明治維新で神仏分離が行われ吉水神社と
なったそうです


2016CIMG2634_2631.jpg
本殿/吉水神社
源義経と静御前が身を隠したというエピソードがあるそうです
残念ながら書院は修復中でしたが書院内の拝観はできました


吉水神社1 
(書院拝観パンフレットより)


2016CIMG2634吉永神社1 
吉水神社・勝手神社/御朱印


2016CIMG2655.jpg
ひょうたろうで吉野名物「柿の葉すし」を買いました


2016CIMG2659.jpg
柿の葉で包んで押した一口大の鯖と鮭の「柿の葉すし」
美味しかったですよ


2016CIMG2660.jpg
近鉄奈良駅


2016CIMG2661.jpg
餅の中谷堂でTVで有名な餅つきを見れました


2016CIMG2661_2693.jpg 
餅の中谷堂


2016CIMG2663A.jpg
PM3:30 「さるさわ池よしだや」に着きました


2016CIMG2663B.jpg
さるさわ池よしだや


CIMG2690.jpg 
興福寺
法相宗の大本山の興福寺は壮大な塔がそびえる奈良公園の玄関口



2016CIMG2667.jpg
東金堂/興福寺
726年に創建、1415年に再建された
堂内には本尊薬師如来像、日光菩薩、月光菩薩(いずれも重要文化財)が安置されています


2016CIMG2665.jpg
五重塔/興福寺
1426年に再建された(高さ50m)


2016CIMG2668.jpg
国宝館/興福寺
阿修羅像、龍燈鬼立像など天平時代の仏像をはじめ、鎌倉時代の彫刻など国宝がずらりと並ぶ


興福寺チッケト2 
共通拝観券/興福寺

2016CIMG2669.jpg
国宝館/興福寺


阿修羅像1
阿修羅像(国宝)/興福寺
奈良で一番の人気仏
怒りの表情が一般的な阿修羅が穏やかな顔をしているのは、
罪を懺悔し釈迦の教えに帰依する様子が表されているから
だそうです(書籍より)


2016CIMG2672.jpg
南円堂/興福寺
813年の創建で1789年に再建されたそうです
西国三十三所観音霊場の第9番札所


2016CIMG2675.jpg
境内/興福寺


2016CIMG2677.jpg
北円堂/興福寺
堂内には本尊の弥勒如来坐像のほか無著世親立像などが安置
特別公開されていたので拝観出来ました


興福寺チッケト1 
北円堂拝観券/興福寺


2016CIMG2677_1興福寺中金堂
中金堂・北円堂/興福寺
2016CIMG2677Aよしだや献立


2016CIMG2677B.jpg


2016CIMG2677C.jpg
PM6:30 夕食
大変おいしく頂きました


2016CIMG2687.jpg
AM7:00 朝食


2016CIMG2688.jpg
さるさわ池/よしだやより
興福寺が行う捕らえられた生き物を野に放つ放生池として、天平21年(749年)に造られた人工池だそうです



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://snd5200.blog.fc2.com/tb.php/78-19bbea40

<< topページへこのページの先頭へ >>